Webマーケティングは「やめとけ」と言われるのはなぜ?現役マーケターが真相を語る

Business vector created by jcomp – www.freepik.com


本記事を読んでいるあなたは、Webマーケティングはやめとけ、しんどいという声を聞いたことがあるのではないでしょうか。

実際、Webマーケティングとネット上で調べると、下記のように「やめとけ」というサジェストが表示されることがあります。

こんなサジェストをされると、「え、やめとけってどう言うこと怖い…」と思ってしまいますよね。調べてみると分かりますが、これはWebマーケティング業界のことを指していることが多いです。

そこで本記事ではまず、そもそもWebマーケティング業界とはどんな業界なのかを整理します。その上で、Webマーケティング業界がやめとけと言われる理由や、逆にWebマーケティング業界に向いている人の特徴を解説します。

最後には未経験からWebマーケティング業界へ転職する上で準備すべきことについても触れたいと思います。

前提:Webマーケティング職には2種類ある

Webマーケティング職には大きく分けて2つの働き方があります。

それは、事業会社で働くか支援会社で働くかです。この2つは性質が大きく異なるので、身につけられるスキルや仕事をしていて発生する悩みなども異なってきます。

事業会社

まず、事業会社とは自社サービスを提供している企業のことを指します。

代表的な企業としてリクルートや楽天などがあります。これらの企業はたくさんの自社サービスを抱えており、それぞれのサービスを担当するWebマーケターがいます。

事業会社Webマーケターのミッションは売上や新規顧客の獲得になることが多く、自分たちの仕事が自社サービスの成長とリンクする点がやりがいに繋がります。

また、事業に関わる色んな部署の人と仕事をする機会が多いです。特にマーケティングは企画を先導する立場にあるので、プロジェクトを成功に導く強いリーダーシップが求められます。

支援会社

支援会社とは企業のWebマーケティングを支援するいわゆるクライアントワークを行う企業を指します。

支援会社と一括りにしても種類は様々で、Webマーケティングの戦略から支援をする会社もあれば、広告運用、SEO、サイト改善などWebマーケティングの特定の専門領域だけを支援する会社もたくさん存在します。

代表的な企業はサイバーエージェントです。ネット専業の広告代理店としては日本最大規模を誇っており、主にWeb広告を中心に支援を行っています。

支援会社Webマーケターのミッションは、クライアントの期待に応えることです。常に複数のクライアントを抱えることが多く、様々な業界の知見を身につけられることが特徴です。

また、広告代理店であれば広告運用スキル、SEO支援会社であればSEOスキル、など支援している領域の深い専門知識を身につけられます


そして、ネット上でWebマーケティング業界と言われているのは、基本的にこの支援会社のことを指しています。この前提でこの先は読み進めてみてください。

Webマーケティング業界はやめとけと言われる5つの理由

ここからは本題のWebマーケティング業界はやめとけと言われる5つの理由について解説していきます。

数字へのプレッシャーが強い

まず1つ目は数字へのプレッシャーが強いからです。

これは5つの中でも特に大きな理由になるでしょう。

Webマーケティングの仕事は良くも悪くも全てが数値化されます。広告の単価、クリック率、広告がどれくらい売上・利益に寄与しているかなど大なり小なり全てです。

よって、クライアントに対しても数値結果を元に課題や改善プランを報告することになります。クライアントからは数値を改善することを期待されており、もし結果が出ていなければ一目瞭然です。

このような数字を重要視する環境からくるプレッシャーが辛いと感じる人にとって、Webマーケティング業界はやめておいた方がいいでしょう。

残業が多いことも珍しくない

Webマーケティング業界は残業が多いことも珍しくありません。

私の知り合いにWebマーケティング会社に勤めていて、毎晩日付が変わるまで働いているという人もいました。某大手広告代理店の労働環境が問題になったことが記憶に新しい人も多いでしょう。

支援会社は残業が起きやすい構造にあるのです。支援会社はクライアント第一なので、クライアントと合意した納期までには必ず間に合わせる必要があり、急ぎの依頼がきた場合もすぐに対応しなければいけません。

そうしないとクライアントの満足につながらず、結果自分の成果にも繋がらなくなってしまうからです。Webマーケティング業界を目指すのであれば、残業が発生することは一定は覚悟しておいた方がいいでしょう。

外部環境の影響を受けることがストレス

Webマーケティングの仕事は外部環境の影響を受けることが良くあります。

例えば、最近ではコロナウィルスの影響によって多くの業界が大打撃を受けたと思います。売上や顧客獲得をミッションとするWebマーケティングの仕事は、このような情勢の変化などが起きると真っ先に影響を受けます。

このような自分たちの影響の範囲外のことが原因で成果が左右されることをストレスに感じてしまう性格の人は、Webマーケティングはやめておいた方がいいかもしれません。

逆に、環境の変化に対応するために自分たちがどう変わればいいか?を即座に考えることができる思考の持ち主には向いている仕事と言えます。

新しい技術が次々と出てきて変化が激しい

Webマーケティングの仕事では新しい技術や情報をキャッチアップして知識をアップデートし続けなければいけません。

例えば、広告運用であれば主要媒体となるGoogleやFacebookが頻繁に広告システムの機能やアルゴリズムをアップデートします。SEOであればGoogleのアルゴリズムのアップデートによって頻繁に変化が起こります。

中には成果を大きく左右するようなアップデートもあるため、アンテナを張って学び続ける必要があります。

最新情報や技術をキャッチアップできていないと成果が出しづらくなるだけでなく、クライアントの信頼を落とすことにも繋がりかねません。クライアントは自分たち以上のより深い専門性を支援会社に求めているからです。

このように、一旦学び終わったら満足して怠けてしまう人には厳しい環境になることが想像つきます。

マニュアル通りでは成果が出せない

決まったマニュアル通りに作業をすることが得意な人、そういった仕事をしたい人にとってWebマーケティング業界は向いていません。

なぜなら、支援会社の仕事はクライアントのビジネスを成長させることだからです。ビジネスを成長させることに決まったやり方なんてありませんよね。

クライアントの課題や目標をヒアリングして、どうすれば結果を出すことができるかを試行錯誤して考え続けなければいけません。


以上が、Webマーケティング業界がやめとけと言われる理由です。

Webマーケティング業界に向いてる人の特徴5つ

ここからはどんな人がWebマーケティング業界に向いているのかを解説していきます。

先ほどのWebマーケティング業界はやめとけと言われる理由をポジティブに捉えられる人は向いています。

それでは見ていきましょう。

学び続けて知識をアップデートできる人

学び続けられる人、知的好奇心が強い人はWebマーケティングの仕事に向いています。

これまでの人生で何か一つのことを寝食忘れて没頭した経験があると良いですね。何かに没頭すると次々と気になることが出てきて、自分で進んで調べると思います。

Webマーケティングの仕事でも突き詰めて考えられる人は成果を出しやすいです。

思考体力がある人

1つの施策を実施しても全く上手くいかないことなんて日常茶飯事です。1回の失敗で諦めていては成果を出すことはできません。

施策Aがダメだった場合、なぜ仮説が外れたのかを考察してまた次の仮説を立てます。これを何度も何度も繰り返しながら改善を行っていくのです。

このように、結果が出るまで粘り強く思考し続けられる人には向いています。

成長意欲の高い人

成長意欲の高い人はWebマーケティング業界は向いています。

私がこれまでに仕事をしてきて結果を出すWebマーケターも成長意欲が高かったです。成果に貪欲で新しい仕事にチャレンジする精神に溢れていました。

逆に成長意欲がなければ現状維持で停滞してしまい、変化の激しいWebマーケティングの仕事は向いていないかもしれません。

目標達成のためには地味な作業も厭わない人

Webマーケティングの仕事は一見華々しく見えるかもしれませんが、実態としては本当に地味な作業が多いです。

一例を挙げると下記です。

  • 広告管理画面の操作
  • 報告のためのレポーティング作成
  • タイトルの一部分だけを変更してテスト

このように、パソコンに向かって黙々と作業をする時間が多いです。作業は地味ですが、目標は売上や新規顧客獲得数など経営の重要指標と紐づいていることが多く、目標達成には貪欲である必要があります

仕事の内容に関係なく、事業の結果を左右するような仕事をしたい人には向いています。

将来は独立・起業を視野に入れている人

将来的に独立・起業をしたいけれど今すぐはスキルもアイデアもないという方にWebマーケティングは一つの選択肢になるでしょう。

どんなビジネスを始めるにしても、顧客獲得は至上命題です。Webマーケティングの知見を身につければ、将来自分のビジネスの顧客を獲得する際に役立ちます。

また、Webマーケティングのスキルを身につけることができれば、個人で仕事を取って稼ぐことができます。独立後にビジネスが上手く立ち上がらなかった場合のリスクヘッジにもなるのです。

Webマーケティング業界で働くことのメリット

Webマーケティングに向いている人の特徴を話してきましたが、実際にWebマーケティング業界で働くことで多くのメリットを受けることができます。

メリットの内容を具体的に見ていきましょう。

手に職がつく

Webマーケターは手に職がつく職業です。

IT業界で手に職が付く代表的な職業と言えば、エンジニアやデザイナーというイメージの方も多いかもしれません。しかし、Webマーケターもどの企業でも使える汎用的な専門スキルを有するため手に職がつきます。

代表的なスキルはWeb広告運用SEO(検索エンジン最適化)です。この2つのスキルは現代のマーケティングにおいて欠かせない手法の一つとなっており、あらゆる企業がこの2つのスキルを持っている人材を求めています。

手に職が付くと転職活動もしやすく、例えば広告代理店から事業会社のマーケターへ転職したり、事業会社から事業会社へ業界を跨いで転職することも可能です。転職だけでなく副業や独立も視野に入れることができ、キャリアアップの幅が広がります

需要の高いスキル・経験を積むことができる

Webマーケティングは需要の高いスキルであり、需要の高いスキルや経験を得ることで人材価値を高めやすいです。

下記は2005年から2021年における、テレビを含むマスコミ四媒体の広告費とインターネット広告費の推移を表したグラフです。

出典:電通報

インターネット広告費は右肩上がりの成長を続けており、2021年に遂にマスコミ四媒体の広告費を歴史上初めて上回りました。注目すべきはマスコミ四媒体の広告費は下がっていっていることです。

これはつまり、企業の広告予算が従来のテレビCM等からインターネット広告費に代わっていっているという証明です。

インターネット広告にお金を使う企業が増えているということは、その運用を任されるWebマーケターの需要も高まることは想像に難くないかと思います。

このように、Web広告領域だけで考えてみてもWebマーケティングに関するスキルの需要は高まっており、伸びている市場で経験を積むことができます。

下記の記事ではマーケティングの将来性を考察しているので、あわせてご覧ください。

マーケティングの仕事はなくなるのか?現役マーケターが将来性を考察

様々な業界における経験値が手に入る

Webマーケティング業界、つまり支援会社で働くことのメリットの一つに多くの業界の知見を手に入れられるという視点があります。

なぜなら、1人の担当者が複数のクライアントを担当することになるからです。

例えば、クライアントを3社担当することになり、それぞれ美容業界の企業、食品業界の企業、IT業界の企業だったとすると、支援をしながら異なる3業界の顧客獲得ノウハウやビジネスモデルを学ぶことができます。

本来、業界の知見というのはその業界の企業に属して仕事をすることでしか得られないものですが、支援会社に勤務していれば1社に属しながら複数得ることができるのです。

様々な業界に触れる中で、自分が将来的にチャレンジしたい業界を見極めることもできますし、色んな業界の支援経験があることを武器にキャリアをステップアップすることもできます。

副業・独立しやすい

副業・独立しやすいのもWebマーケティング業界で働くことのメリットです。

手に職が付くの項目でも少し触れましたが、Web広告運用やSEOのようなスキルは汎用性が高く、多くの企業が専門スキルを持った人材を探しているため、個人で仕事を受けて稼ぐこともできます。

将来的な独立・起業を考えている人は、まず最初は副業から始めて軌道に乗ってきたら独立するという選択肢も取れます。

私の知人でもWeb系の広告代理店で経験を積んだ後に独立して、年収1000万円以上を稼いでいる人がいます。私自身もWeb広告運用の副業で月6桁を稼いだ経験があるので、Webマーケティングの副業・独立のしやすさは身をもって実感しています。

未経験からWebマーケティングの副業で稼ぐ方法は下記の記事でも解説しています。

未経験からWebマーケティングの副業で稼ぐ方法!種類、案件の取り方、始め方を解説

好きな場所で働くことができる

Webマーケターは場所を選ばずに仕事ができます。当然、所属する会社のルール次第にはなりますが、もし自分で働き方を決められるなら、会社に行かなくても問題なく仕事はできるでしょう。

私自身も本業で1年近くリモートワークを行ったことがありますし、副業の仕事は完全フルリモートで行なっています。ただし、職場の人間関係構築ができていることが前提になるため、入社直後は対面でコミュニケーションを取る方が仕事を進めやすくなると思います。

仕事自体はリモートでできますが、在宅のような1人の環境でも生産性を落とさずに仕事ができる性格なのかという点が非常に重要になってきます。

リモートで働きたいという方にとっては、Webマーケティング業界で働くことは魅力的な選択肢になるでしょう。

Webマーケターの人脈が豊富にできる

Webマーケティング業界の会社にはプロのWebマーケターがたくさん在籍しています。

例えば、Web広告代理店であれば広告運用の専門家がたくさんいて、SEO支援会社であればSEOの専門家がたくさんいます。広告運用やSEOの支援を行なっているので、未経験で入社したとしても皆んながプロになっていくのです。

事業会社の場合は、事業規模にもよりますが担当のマーケターは数人しかいないケースもよくあります。よって、Webマーケター同士の繋がりを作るという点においてはWebマーケティング会社は魅力的です。

お互いに能力を高めあうこともできますし、将来お互いに独立した場合などはビジネスパートナーとして仕事をすることになるかもしれません。


以上、Webマーケティング業界で働くことやWebマーケターになることには、多くのメリットがあることが理解いただけたと思います。

未経験からWebマーケティング業界へ転職する上での準備

ここからはWebマーケティング業界へ興味がある方に向けて、未経験からWebマーケティング業界へ転職する上での準備や心構えを解説します。

Webマーケティング業界の理解を深める

ここまでもお話ししてきましたが、Webマーケティング業界と一括りにしても、Webマーケティング全般を支援する会社からWeb広告代理店やSEO支援などの領域特化型の会社まで様々あります。

Webマーケティング会社の事業内容によって身につくスキルも異なるため、それぞれの領域においてどんな企業があるのかは転職活動を始める前に知っておくべきです。

下記の記事ではWebマーケティング会社を紹介しているのでチェックしてみてください。

(Webマーケティング業界の記事ウィジットを貼る)

Webマーケティング職に強い転職エージェントに相談する

未経験からの転職を優位に進めるために、Webマーケティング職に強い転職エージェントに登録するのがおすすめです。

具体的には下記の3つです。

1. リクルートエージェント | 転職支援実績No.1
転職エージェントの中で最も実績が出ており、必ず登録すべきサービスの1つ
2. doda | 転職者満足度No.1を獲得
転職エージェントと転職サイトの両方を提供しており、利用者の満足度が高いことが特徴
3. マイナビエージェント | 20代からの信頼が厚い
20代からの支持率が高く、転職が初めての人でも安心して任せられる

人に相談をすることで自分の思考を整理することができるというのが大きなメリットです。しかも、これが無料でできます。また、応募書類の添削や面接対策など転職決定までサポートしてくれるので、使わない理由がありません。

Webマーケティング職に人気の転職エージェント・転職サイト【57人の利用実態を調査】

独学でWebマーケティングの知識を手に入れる

転職活動を始める前、もしくは転職活動と並行して独学でWebマーケティングを学び始めるとスタートダッシュを切れます。

転職後は仕事と並行して自分で知識をインプットしていくことが求められるため、今から独学を習慣化することは大切です。独学には本、Webサイト、eラーニングなど様々な手段があるので、いくつか試して自分に合ったやり方で進めるのがおすすめです。

独学勉強法については下記の記事で詳しく解説しているので、ぜひあわせてご覧ください。

Webマーケティングの独学勉強法を実践者が解説【転職・稼ぐ方法も分かる】

転職支援付きのWebマーケティングスクールに通うのもおすすめ

未経験からのWebマーケティング転職は、同職種の転職に比べると難易度はどうしても高くなります。もし、自分にもなれるのか不安…という方には転職支援付きのWebマーケティングスクールに通うのもおすすめです。

具体的には下記の3つです。

デジプロ | Webマーケティングスクールの受講者数No.1
少人数制の講義で超実践的に学ぶことが特徴で、全国にリアルな教室も構えている
Wannabe Academy | 実務経験が積めるスクール
数あるスクールの中で唯一実務経験が積めるので、転職活動でも強くアピールできる
マケキャンbyDMM.com | 転職成功率98%の実績
手厚い転職サポートを受けられる転職保証付きのWebマーケティングスクール

お金はかかってしまいますが、その代わり現場で仕事ができるレベルのスキルを習得した上で転職活動をスタートさせることができます。

まずは各スクールの無料説明会やカウンセリングに参加して話を聞いてみてください。

2022年最新版!おすすめのWebマーケティングスクールを徹底比較【目的・地域・特徴別に紹介】

Webマーケティングはやめとけと言われてもブレない心を持とう

Webマーケティングはやめとけと言われる理由だけでなく、逆にWebマーケティング業界に向いてる人の特徴、Webマーケティング業界で働くことのメリットにも触れてきました。

確かに、Webマーケティングの仕事はプレッシャーがかかり、常に学び続けなければいけない仕事であることに変わりはないと思います。

しかし、このような環境でチャレンジしたいと思えるような人にはとても楽しい仕事だと思います。私はWebマーケティングの仕事が好きですし、結局は自分の性格に合っているか否かという話でしかありません

「やめとけ」と言う人は、おそらくその人からすると合わなかっただけであって、あなたにWebマーケティングの仕事が向いているかはまた別の話です。

他人の否定的な意見でブレることなく、まずは自分の性格や得意なことが何かを深堀りましょう。そしてそれらが、Webマーケティングに向いている人の特徴と一致していれば、一度チャレンジしてみる価値は十分にあると思います。


Webマーケターについて網羅的に知りたい人は下記の記事もおすすめです。

【保存版】Webマーケターとは?仕事内容、必要なスキル、未経験からプロになる方法を徹底解説

内容のまとめ

  • Webマーケティング職には2種類ある
    • 事業会社・・・リクルートや楽天など自社サービスを抱えている会社
    • 支援会社・・・Webマーケティングのクライアントワークを行う会社
  • Webマーケティング業界はやめとけと言われる5つの理由
    • 数字へのプレッシャーが強い
    • 残業が多いことも珍しくない
    • 外部環境の影響を受けることがストレス
    • 新しい技術が次々と出てきて変化が激しい
    • マニュアル通りでは成果が出せない
  • Webマーケティング業界に向いてる人の特徴5つ
    • 学び続けて知識をアップデートできる人
    • 思考体力がある人
    • 成長意欲の高い人
    • 目標達成のためには地味な作業も厭わない人
    • 将来は独立・起業を視野に入れている人
  • Webマーケティング業界で働くことのメリット
    • 手に職がつく
    • 需要の高いスキル・経験を積むことができる
    • 様々な業界における経験値が手に入る
    • 副業・独立しやすい
    • 好きな場所で働くことができる
    • Webマーケターの人脈が豊富にできる
  • 未経験からWebマーケティング業界へ転職する上での準備
    • Webマーケティング業界の理解を深める
    • Webマーケティング職に強い転職エージェントに相談する
    • 独学でWebマーケティングの知識を手に入れる
    • 転職支援付きのWebマーケティングスクールに通うのもおすすめ
  • 結局仕事は自分の性格に合っているか否かで成果も左右されるので、他人の否定的な意見でブレることなく、まずは自分の性格や得意なことを理解することに時間を使おう